大型免許

大型免許を取得すると普通車に加え、中型車、大型車(車両総重量11,000kg以上)、小型特殊車、原動機付自転車の運転することが出来るようになります。条件は以下のようになっています。

・21歳以上
・両目で0.8以上あり片目で0.5以上ある。(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
・奥行知覚検査器による深視力検査での平均誤差が2cm以下である。
・赤・青・黄色の識別ができること。
・10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聴こえる(補聴器可)
・普通の読み書きができ理解できること。
・自動車の運転に支障がない身体状態であること。
・中型、普通免許または大型特殊免許を現に受けている者に該当し、これらの免許のいずれかを受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く)が通算して3年以上の者。

つまり、中型免許、普通車免許または大型特殊免許を取得して3年以上経過していないと試験を受けることが出来ません。21歳になれば誰でも免許を取得出来るというわけではないのです。

また、法定で定められた病気や中毒にかかっていたり、交通違反や事故などの行政処分を受けて欠格期間が終了していない人(行政処分を受けた場合でも、欠格期間が終了していれば取得可能)は免許を取得できません。

入校前に、大型免許の教習を受講する資格があるかどうか確認します。運転に関する状況判断や行動の正確さなどを自覚していただく検査も行われます。

第一段階、第二段階での場内および路上の技能教習で学んだことを確認する総合的な卒業検定である技能卒業検定に合格すると、卒業証明書が交付され、自動車教習所を卒業することが出来ます。

自動車の免許


アレグラ
アレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ウォーターサーバーレンタル 無料
天然水を手軽に生活に!